日頃の感謝の気持ちを伝えるお中元

7月15日から8月15日にかけて、両親や恩師など、日頃お世話になっている方に商品を贈る習慣がお中元です。

もともとは中国の道教による習慣で、上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の3人の天神様の誕生日にお供えをしたのがはじまりで、仏教のお盆の時期に故人の魂と生きた人の魂も供養するという考えと結びついた中元に贈り物をやり取りするようになり、それが今のお中元につながっています。

お中元に贈る商品で避けた方が良いのは、履物(相手を踏みつける意味を持つ)、年配の人への下着(失礼にあたる)、目上の人に商品券(非礼)や時計や筆記用具など(勤勉に励む意味を持つことから)などです。

無難で人気があるのはお菓子やビールなどの飲み物の詰め合わせですが、アレルギーがあって食べられないものがある、お酒を飲まないとわかっている場合や、何を贈ってよいかわからない時はカタログから選んでもらうようにするのもよいでしょう。

贈るものの相場は知人や親戚なら三千円、上司なら五千円ほどで、あまり相手が負担に思わない金額の商品を選びます。お中元の時期を逃してしまった場合は暑中御見舞い(8月7日以降は残暑御見舞い)として、目上の方に贈る場合は暑中御伺い(残暑御伺い)にして贈ります。

贈る側、贈られる側が喪中であってもお中元を交換するのは問題ありませんが、気になるようなら時期を外し、無地の熨斗を使って暑中御見舞いとします。

お中元についてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です